本日5時より記者会見があり、イー・アクセス(以下イーモバイル)はSoftBankグループの傘下となることが発表されました。
経営統合、完全子会社化の背景にはやはりiPhone5の存在も大きかったようです。
現在KDDI、SoftBankはともにLTE事業を展開しています。
2社におけるLTE(iPhoneが受信できるバンド)は2.1GHzを使用しており、バンド1となっています。
それに対し、イーモバイルは1.7GHz帯(国際的には1.8GHz帯)でのLTEの展開をしており、これはiPhone5が受信できるバンド3となっています。


そこで本題に入りますが、なぜ子会社化したのかというと、iPhone5でも受信できるバンド3のLTEを持っているためです。
つまり、子会社化することによりSoftBankのiPhone5は現行の2.1GHz帯のLTE+新たに獲得した1.7(1.8)GHz帯のLTEも利用できるようになるためです。
これはテザリングの解禁に伴い、ネットワークの強化によるためでしょう。
2013年3月にはSoftBankは20000のLTEの基地局を開設し、イーモバイルは10000の基地局を開設する予定となっています。
つまり2013年3月時点でSoftBankのiPhone5は30000のLTE基地局を利用できるようになるというわけです。

さらにSoftBankの契約数はSoftBank+WILLCOM+イーモバイルの契約数を合計すると2位のKDDIを抜きSoftBankが2位となりKDDIが3位となると会見ではおっしゃっていました。
会見では3+4=2
つまり3位のSoftBankと4位のイーモバイルが統合することにより、2位となるということです。
しかしイーモバイルはほとんどがデータ通信端末です。
KDDI傘下のデータ通信サービスであるWiMAX(UQコミュニケーションズ)もKDDIに合わせるとSoftBankは3位のままではないかという意見もあります。
他にもWILLCOMは携帯電話ではなくPHSなので、いっしょにするのはおかしいという意見も出ています。

さらにSoftBankのiPhone5ユーザーにはうれしいお知らせです!
テザリングの解禁が1ヶ月前倒しとなり、1月15日から12月15日に変更されました。

速度制限も軽減されKDDIとdocomoと同等の状態になりました。
iPhone 5のパケット定額(月額5460円)では月間1.2GB超の場合は速度制限をかける場合があるとしていましたが、その制限を取りやめ、3日間で1GB超過時に速度制限をかける場合があるというふうに変更になりました。

SoftBankが今まで強気だったのもこういう事情があったからだったんですね。
iPhone5を購入する方はかなり悩まれると思います。
これからどのようにiPhone5に対応していくかが気になりますね。

ちなみに僕はauの秋冬モデル待ちです。
iPhone5とauの秋冬モデルを見てみて、どれを買うのが一番いいのかよく調べてから購入したいと思っています。
iPhone5は魅力的な商品ではありますが、僕が今すぐにでも欲しいと思える製品ではないのでよく検討して決めたいと思います。
書き忘れや新しい情報が出てきたら、追記します。