本日からSoftBankのiPhone5などで、イー・モバイルのLTEが使えるようになります。
このLTEは2.1GHzを利用してるSoftBankのiPhone5などがイー・モバイルの1.7GHzのLTEも使えるようになるというものです。
これは2社の経営統合により実現したものです。
これにより、auのiPhone5のLTEは2.1GHz帯のみ、SoftBankのiPhone5のLTEは2.1GHz+1.7GHzと2つの周波数帯を使えるということもあり、SoftBankのiPhone5が形式上ネットワークでは有利となります。
まあ道路の1車線(au)と2車線(SoftBank)の違いのようなものですね。

ここで2つのLTEが同じエリア上に存在したらどうなるのか疑問におもう方がいるかと思います。
それの答えですが、混んでない方のLTEに接続する形となります。

ついにiPhone5でダブルLTEとなりました。
auはエリアカバー率の誤表記がありましたので、au側は更に追い込まれた形となります。
これから在庫処分?のiPhone5キャンペーン合戦が繰り広げられると思いますので、どんどん競争が激化していくと思います。
これからSoftBankのダブルLTEにauがどう対抗していくか見ものですね。