こんにちは。
今日はLTEのみ、3Gのみで掴む方法を紹介したいと思います。
しかし、LTE onlyにすると通話機能が使えなくなるのでご注意ください。
また下記の方法は自己責任でお願い致します
機種によっては3G固定、LTE固定できないものもありますので、その場合はご自分の機種名を入れて可能かどうかGoogleなどでお調べください。
3Gのみに設定可能機種を調べるにはこちら
また今回のLTEのみはFDD-LTEをさしています。
iPhone5などでしか使用していないSoftBankのSoftBank4GLTEのLTEのみの方法は紹介していません。
あくまでAndroid端末のFDD-LTE対応機種{Xi、au4GLTE(800,1500MHz)}の紹介です。
まずやり方ですが、LTESettingというアプリ(他にも色々アプリあり)をダウンロード、インストールします。
起動すると下記のような画面になります。
Screenshot_2013-03-21-14-36-20
この赤丸で囲った優先ネットワークタイプを設定という項目を変更すれば色々なモードにすることが可能です。

Screenshot_2013-03-21-14-36-27
一覧はこのような感じです。
auだと3GはEvDo(CDMA)
docomoSoftBankだと3GはWCDMAとなっています。
LTEは
audocomo(Xi)もLTEですね。
auSoftBankdocomoでは通信方式が異なります。)

auのLTE端末で3Gのみにしたい場合は、または、CDMA auto(PRL)にすると、3Gのみとなります。(通話可能。)Evdo Onlyにすると3G接続はできますが、通話が受けられません。
auの機種で、3Gのみの設定したい場合は、下記の記事をご覧ください。

こちらのほうが簡単で安全です。

auのLTE端末で通常モードに戻したい場合はCDMA+LTE/EvDo autoにすると3GとLTEのデュアルモードとなります。(LTE圏外では3G接続。通話可能。)
docomoのXi端末で3Gのみにしたい場合は、WCDMA onlyにすると3Gのみになります(通話可能。)
docomoのXi端末で通常モードに戻したい場合は、GSM/WCDMA/LTE autoに設定すると、3GとLTEのデュアルモードとなります。(LTE圏外では3G接続通話可能。)

docomoauどちらのLTE端末でもLTEのみにしたい場合は、LTE onlyに設定してください。
しかし現在LTEでの音声通話(VoLTE)に対応しているキャリアはないため、現在は3Gで音声通話を行なっています。LTE Onlyにするということは通話が使える3Gを受信しないということなので、一切の音声通話手段を断ち、LTEデータ専用端末になるので注意してください。(通話不可能。)
LTEの電波があるのに勝手に3Gを掴んでしまうという人はこちらのモードをおすすめします。


今日はLTEの切替方法を紹介しました。
基本的に自己責任でお願い致します。
まだ自分のキャリアはどの通信方式なのかを把握しておくことが大事です。