KDDIが4/27、5/29、5/30に起こした原因を発表しました。
詳しい冊子はこちらをご覧ください。
一連のLTE通信障害の原因と対策について。(PDF) 

また東京、神奈川、山梨県の一部で通信障害に遭った方には、7月以降の料金請求時に一律700円減額するそうです。
3件の影響のでた契約者はは一日あたり60万人程度ですが、発生した場所が同じなのでだいたい70万人~80万人の方を対象とするそうです。
僕はバッチリ都内ですので、おそらく対象ですが、どのように契約者を区分けするのかが気になります。
 

また今後の対策として、LTE基盤強化対策本部を新設し、新たに300億円を投入し同じ事がないように努めるとのことです。

今回はじめてiPhone5向けの2100MHz帯のLTEの実人口カバー率が正式に発表されました。
LTEによる通信が可能なのは全国約71%の地域(37.5Mbps、75Mbpsを含む)でその中でもより速い75Mbpsのカバー率は全国の20%の地域で可能だという発表をしました。

またiPhone5を購入された方に下取りの形で他機種への買い替えを検討する模様です。

auユーザーの僕としてはいいのか悪いのかちょっと微妙です。
あと被害を受けた方だけに700円というのもちょっとおかしいですよね。
例えば無料通話目当てで恋人と契約したけど、東京にいる彼氏は通信障害で連絡が取れず使えなかったりなど実際直接影響を受けてなくても間接的に受けた方もauユーザーの中に入るかと思います。
また影響を受けたのに、受けてないことになって700円引かれないとなったりするとまためんどくさいことになるかと思います。
まあ補償してくれるのはとても嬉しいです。
これからはもっと繋がるように努力していただきたいと思います。