夜分遅くにどうも(笑)
管理人のしょーやです。
本日発表されたiPadmini(第2世代)Retinaディスプレイモデルについて書いていきたいと思います。
 

スペック比較表はこちらです。
iPadmini比較


iPad比較表

今回発表された機種と前機種を比較した表になります。

iPad mini Retinaディスプレイモデル(Apple)

2048×1536のRetinaディスプレイ搭載。
解像度が4倍となります。

プロセッサはiPhone5sと同じA7チップを搭載、 

カラバリはシルバーホワイト、グレー、ブラックとなります。

グラフィックは8倍となっています。

Wi-Fi版価格
16GB 41900円
32GB 51800円
64GB 61800円
128GB 71800円

国内での販売キャリアは今までどおり
SoftBank
KDDI(au)
となっており、ドコモのロゴは発表会の時にありませんでした。

11月末に発売予定です。 

39ドル~からiPadカバーを提供し、79ドルでレザーケースを提供します。


大きく変わった点として、Retinaディスプレイに対応したことです。
画面が今までは1024×768とかなり解像度の低い液晶でしたが、2048×1536と大幅に向上しています。
情報量は約4倍となっており今までと違うような高精細なものになります。

また、プロセッサもiPhone4Sなどに搭載されていた型落ちのA5ではなく、iPhone5sに搭載されている最新のAppleA7 64bit対応 M7モーションコプロセッサ対応のCPUが搭載されています。
128GBが追加されたりなど結構ラインナップとしては良いですね。
重量は30g、厚みは0.3mmほど増加しましたがこれだけのスペックであれば問題ないでしょう!
とてもいいアップデートされた機種だと思います。

新iPad Air、LTEのことに関しては下記をどうぞ。
iPad Air、iPad mini2(第2世代)のLTE周波数帯、バンド対応表!
本日発表iPad Air情報!大幅に軽量化、薄型化を実現!

記事は以上です。