こんばんわ
管理人のしょーやです。

images

 200804-docomo-logo
総務省がNTT東日本、西日本とNTTドコモの契約者向けに自宅回線と携帯電話のセット割引を解禁することを検討していると日本経済新聞が報じました。
NTT東日本、西日本は国内のシェアが高く、NTTドコモも同様シェアが高いため独占禁止法に当たるとして規制されていました。
ちなみに
の2社のセット割引はシェアがNTTグループよりもシェアが低く独占禁止法等に当たらないとして総務省はセット割引を認可していました。 
このセット割引によりKDDIとSoftBankは携帯電話料金から一定の割引(1480円)を行っています。
 
セット割引の認可の決め手となったのはNTTドコモの国内シェアが40%まで低下したため見直しが有ると判断したようです。
固定通信サービスには固定電話、インターネット回線も含まれるため「フレッツ光」などとNTTドコモのスマートフォンのセット割引を導入すれば消費者の負担も減り、NTTグループのシェア拡大に持ち込める可能性が高いのです。

総務省は2月中に情報通信審議会の下に有識者検討会を設置し、今年11月を目処に見直し案をまとめ2015年の通常国会に電気通信事業法の改正案を提出する予定しています。
改正後はNTT東日本と西日本とドコモによる一体営業の一部が認められるようです。

近年携帯電話会社のLTE通信には月々3GB、5GB、7GB、10GBのいずれかの制限があり、動画コンテンツを閲覧するには確実に容量が足りないため、スマホを使う際は固定回線でWi-Fiを構築する等が必須になります。
セット割引を行っているauスマートバリューが順調ということもあり、圧倒的インフラ力を持っているNTTが後追いしたい考えでしょう。
ちなみにKDDI、SoftBankはNTTへのセット割引解禁に反対の立場であり、兼ねて固定通信の競争解禁のためNTTが整備した光ファイバー網を他社に開放するように求めているため、セット割引が実現した際は、光ファイバー網の開放と引き換えとなる可能性があります。
これにより固定通信網もNTT独占から携帯会社3社の戦いになることが予想されます。

上記のように競争させ、僕らに料金を安くするなどして還元してくれればいいのですがまたNTTのシェアが舞い戻るんではないかと心配です。
僕自身auをメインにしていますが、auスマートバリューを利用しようとしてもマンションがフレッツ光のところが多く、auスマートバリューを利用したくても出来ない状況にあります。
確かに最後の方に言ったNTTが整備された光ファイバー網が開放されれば現在の僕の環境でもauスマートバリューが利用できるんではないかと思います。
個人的にはNTTグループのセット割が解禁された際に、KDDIやSoftBankにも開放する必要があると思いました。
競争により僕らに還元されると良いですね。
記事は以上です。
Source:日本経済新聞