こんばんは!
みゃーまです。 

 主にパソコンやその周りの機器などのデジタル家電を中心に販売を行っているPC DEPOT(以下PCデポ)が、MVNO事業に参入してきました!

たまたま家の近くに、PCデポがあるので寄って、お話を伺うことができました。
今回はPCデポから発表されたSIMについての記事です。

MVNO 格安SIM と言えば、
・○GB/月
・○○MB/日 
この2種類のプランが思い浮かびます。
OCNの 30MB/日 のプランも良い発想だとは思いました。

しかし、PCデポのプランはもっと新しいプラン内容です。
思わず、「その発想はなかった」と言いたくなるような…



さて、詳細を説明します。
※増税前ですので、価格は全て税別表示です。


[SIMカードプラン(SIMカードのみ)](3月販売予定)
・200MB/週
・月額1000円(税別)
・初期費用3000円(税別)
・下り最大150Mbps
・規制時200kbps
・最低利用期間1年
・SIMカードのサイズ
  •標準SIM
  •microSIM
  •nanoSIM

1週間毎に高速通信量200MBが与えられ、その週に200MBを使い切ると、通信制限され、200kbpsの低速回線になります。
ただし、最低利用期間1年間と定められてるのが、残念なところです。
1年以内に解約した場合、解約金は5000円となります。



[Nexus7とセットでのプラン](2月22日より発売)
・200MB/週
・Nexus7 (2013) 32GB •••月額2490円(税別)
・Nexus7 (2012) 32GB •••月額1990円(税別)
・初期費用3000円(税別)
・下り最大150Mbps
・規制時200kbps
・最低利用期間3年

こちらもSIMカードプランと同じく、1週間毎に高速通信量200MBが与えられ、規制時は200kbpsとなります。
ただ、最低利用期間が3年となっています。
3年以内に解約した場合は少しややこしくなります。
(経過年数に応じた代金を支払い購入する、もしくは返却)

・Nexus7 2012年モデルの場合
1990円(月額代金)-1000円(SIMカード•通信料)=990円(1ヶ月の端末本体の代金)
990円×36ヶ月(3年間で支払う本体代金)
よって、解約時期に応じた、未払いの本体代金を支払い、本体を購入することになります。

・Nexus7 2013年モデルの場合
2490円(月額代金)-1000円(SIMカード•通信料)=1490円(1ヶ月の端末本体の代金)
1490円×36ヶ月(3年間で支払う本体代金)
よって、解約時期に応じた、未払いの本体代金を支払い、本体を購入することになります。

・Nexus7を返却する(PCデポの中古コーナーへ)

※Nexus7 2012 は3Gのみの対応ですので、注意が必要です。
Nexus7 2013 はLTE,3Gの両方に対応。

image
店頭にあったNexus7とのセットプランの申し込み書


また、Nexus7とのセットプランはお店にて店員による開梱•初期設定(APNなど)を済ませた上で渡されるようです。設定がめんどくさい方には助かるサービスかもしれません。


週間単位で通信量が制限されるプランは初めて見ました!
これからもっとMVNOが楽しみになっていきそうだなと感じました。

プラン内容としては新しくて魅力的ですが、最低利用期間が設けられていて、解約金の制度は消費者からしたら遠い目で見られそうですね…

SIMサイズが3種類用意されているのは助かりますね!

1ヶ月を4.3週(平均)とすると、200MB×4.3週=860MBとなり、1ヶ月に約860MBの高速通信が可能です。
他の大手MVNO会社のプランと比較すると
・OCNモバイルONEの1ヶ月コース  1GB/月 1,260円
・IIJmioのミニマムスタートプラン 500MB/月 945円
よりは割安になっています。

個人的にはNexus7とのセットプランはお得感を感じなかったので、SIMカードのみのプランの方が良いかなと感じました。

最新のチラシには、Nexus7とのセットプランについても載っています。コチラからご確認ください。
image


PCデポが自分の家の近くにあるかな?と確認したい方はコチラからどうぞ

通信仕様などについては下のプレスリリース参照
PC DEPOT プレスリリース(PDF)

3月にSIMカードプランが発売されたら、後日追記か新しく記事を書かせていただきます。

長くなり申し訳ありません。
以上、みゃーまでした!