こんばんわ。
どこブロ管理人のしょーやです。
SoftBankが本日全米でも3月7日よりLTE国際ローミングを開始すること発表しました。 
SoftBank
 
全米でも3月7日より「LTE国際ローミング」を開始(SoftBank)

SoftBankはアメリカ全土でのLTE国際ローミングを今月7日より開始いたします、

■提供開始日

  • 2014年3月7日(金曜日) 

■利用可能となる国・地域
  • アメリカ
  • ハワイ
  • アラスカ
  • プエルトリコ
  • バージン諸島(アメリカ領) 

■通信事業者名
  • AT&T社
 
■対応機種
  • iPhone5s
  • iPhone5c
  • iPad Air
  • iPad mini Retinaディスプレイモデル
※順次拡大予定(KDDIの対応機種も同一機種)

となります。

ちなみにSoftBankはすでにLTE国際ローミングを
  • 韓国(SK Telecom)
  • シンガポール(SingTel Mobile)
  • フィリピン(Globe Telecom)
  • 香港(CSL)
  • スイス(Swisscom)
で行っています。(内はキャリア名)
LTE国際ローミングでの料金は下記のページをご覧ください
LTE国際ローミングのサービスエリアとご利用料金(SoftBank)


ついに始まりましたね!
すでにKDDI(au)も同様にAT&TでのLTE国際ローミングを行っていて、SoftBankはそれに追従した形となります。
特に日本人観光客の多いハワイ、アメリカ全土でLTE国際ローミングが利用できるのは嬉しいですね。
しかしSoftBankはアメリカのSprintというキャリアを買収したのにも関わらず、僕らにはその恩恵がないように思えます。
LTEのバンド等の対応の問題もあると思いますが、SprintとSoftBank間では同一のプランで利用できるとか、パケット定額プランの料金がSprint網でならSoftBankのをそのまま適用できる等の施策があれば渡米する方には嬉しいかと思います。
SoftBankであればアメリカでも安心!なんてキャッチフレーズがあれば留学生とかは飛びつくかもしれませんね(笑)
とにかくこれからも僕らが便利で、使いたくなるようなサービスを提供してくれることを期待しています。
記事は以上です。